FC2ブログ

1300kmのキセキ

禁断の婚外遠距離恋愛
0

climb every mountain

最後に記したのは、7月2日。
そして今日は11月1日。
…さらに4か月もご無沙汰をしておりました。

6月下旬のとある日から今日にいたるまで、とてもとても大きな山に直面しておりました。
その山はひとつではありません。
やっとひとつ登りきったと思ったら、次から次へと観も知らぬ山が待ち構えています。

想像を絶する岸壁もありました。
ちょっとでも気を許したら遭難してしまいそうな悪天候にも遭遇しました。
ミライに向かって先に先に進もうとするふたりですが、一生懸命なあまり、疲れきってしまってつい手を離しそうになってしまう場面もありました。
ふたりがともに想う気持ちと、ふたりをとりまく逆境(…あえて逆境と記します)とのジレンマに押しつぶされてしまいそうになるのです。
でも、何度も立ち止まりながら、そして幾度となく迷子になりながらも、今、ふたりはギュっと手を握りしめてミライにむかって歩いています。

よくmasaは言います。
確実ではないことに対しては軽はずみに約束できない、と。
責任感が人一倍あるmasaらしいことばです。

masaはミライに向かって一歩ずつ歩いています。
もちろん私もmasaが観ている方向と同じ方向を向いていっしょに歩いています。
それは紛れもない事実。
紛れもない気持ちです。

それ以外に何か必要なのかな…

わたしはmasaが好き。
masaもわたしのことが好き。

…十分です。


written by nao

関連記事
スポンサーサイト



0

いまのきもち。

これがいまのすなおなきもち。

…べただけど。
ことばで伝えるの、下手だから。


masaの心に届きますように。











フルPVや歌詞が解禁となったら、貼りなおしたいな


written by nao

関連記事
0

3か月以上の間に。

前回の記事投稿から、3か月以上も間があいてしまいました。
それでも足を運んでくださるかたもいらっしゃって、嬉しさと申し訳なさがこみあげてきてます。
当ブログのことを気にかけてくださり、ほんとうにありがとうございます。

いろんなことがこの3か月ありました。
masa自身のこと、そして自分自身のこと。
たった数か月の間に、こんなにもいろんなことがおきるんだ!?
…っと、わたし自身がいちばんびっくりしているかもしれません。

前回の記事では、12月のデートの途中までをしたためることができました。
それ以降の想い出や記録を、これからも少しずつ少しずつ綴っていきます。
今現在でかれこれ約半年分のキャッチアップが必要なのかなっ(汗
記憶や気持ちが色あせないうちになんとかしないと!!!

もちろん、現在のことも新鮮なうちにしたためたい気持ちでいっぱいです。

お詫びかたがた、ちょっとした生存表明まで♪

written by nao

関連記事
3

nao's side of 『3回目の成田 vol.1』

12月26日、一日遅れのクリスマス。
masaとの3回目のデート。
成田にmasaが来る!
高まる気持ちとウラハラに出かけ間際にちょっとしたアクシデント。
ちょっと遅れての到着。

駐車場で待っててね、とmasaは言ってくれたけど、一瞬でも早く会いたい!
成田空港の第3ターミナルと第2ターミナルをつなぐ630メートルの通路へ。
どのあたりで彼の姿見えるのかな…ドキドキしながらひたすら歩く歩く。

みえた!masaの姿がみえた!!!!
毎日通話しているのに、いざ「実物」を目の前にすると、鼓動が激しくなる。
ただでさえ普段の運動不足がたたって息切れしているのに、さらに心臓がバクハツしそう。
ようやくふたりの距離が1mmに近づいた瞬間、「ちょっと座ってからいこうか」と通路に設置されているベンチに誘導してくれる彼。
どれだけ激しい息遣いと真っ赤な顔をしてたんだろ…私///

年甲斐もない反応ばかりだけど、こんな自分、意外とキライじゃないかも(笑)
こんなにも純粋な気持ちにさせてくれて、こんな私を受け止めてくれて…
やっぱりmasaのことが大好きなんだな、って実感した瞬間のひとつ。

だから、離れていてもさみしくならないようにお揃いのものをもてたらいいね!
って言ってくれたことも、飛び上がるほど嬉しかった。
いくつ(アラフォ…ボソボソw)になってもお揃いのものを持つって嬉しいし
制約が多い環境だからお揃いのものを持てるなんて夢にも思ってなかったし
なによりも、離れていてもいつでも一緒だよ♡ って感じられるものを持てることが嬉しい。

そして行き着いた場所が、洗練されたデザインが揃っているジュエリーショップ。

「どれがいい?」ってmasaがやさしく聞いてくれる。
「masaが選んでくれるものなら、なんでもいい♡」

…一番ベタで、一番困ってしまう反応だと思うけど、ほんとうにそれが私の素直な気持ち。

かなりの数が並ぶペアリングのショーケースを、一所懸命にのぞきこむmasa。
店員さんに何点も何点も取り出してもらい、彼はそれをひとつひとつ私の指にていねいに少しぎこちなくはめてくれる。
さりげなく左手薬指に…♡

「これいい!!」
「こっちもいい!!」
「あ、でもやっぱりこっちのほうがいいかも!」

いったいその作業を何回くりかえしたんだろう…♪

masaが最終的に選んでくれたデザインは2つ。
ペアリングだから、彼に似合うほうを選びたいな。
masaにも試してもらわないと!
無意識に私が手にとって、彼の薬指に。
彼のキリリとした長い指に、どちらも似合う♡
どちらも似合うから、やっぱり全面的にmasaのチョイスにお任せしちゃおーっ!


男性にとってジュエリーショップってあまり居心地いいところじゃないと思うし、
ジュエリーを選ぶのってすごく照れくさいことだと思うんだけど、それでも懸命に選んでくれた彼の表情が忘れられない。
恥ずかしさを堪えて必死に指輪を吟味したり、グラマラスな胸元を直視しないようになんだか不自然な目線で店員さんと話したり、いつもと違う印象のmasaがとってもおもしろくって、愛おしかった。
意を決して彼自身がペアリングを選んでくれた時間が、かけがえのない宝物


ショップをあとにしたときの、彼の達成感に満ちた笑顔がとてつもなくかっこよかったな♡


written by nao

関連記事
0

3回目の成田 VOL.1

3回目のデート

定刻に空港降りてすぐ彼女に連絡 もう第2ターミナルの駐車場に着いているようだ♡
成田の第3ターミナルから第2ターミナルまでかなり距離が有る
長い連絡通路を名言?を読みながら歩いていると白い服の彼女が目に入ってきた!

なんて声かけようか?いきなり抱きしめちゃうか?wなんて考えてた
嬉しそうな顔で俺に気づいた彼女が近寄ってくる(俺もデレデレした顔してるに違いないが)

会いたかった!やっと触れられる距離に彼女が来てくれた♪
すぐ彼女の手を握って車まで並んで歩いた
いつも通り何話したか覚えていないぐらい今日も舞い上がっているw

今回こそは二人で同じ物を持ちたいね!って盛り上がっていたので
近くのアウトレットモールに直行!何がいいかなぁ?なんて話しながら
いつも身に着けていられる物・・・俺は指輪がいいかな
彼女は自分に選んでくれる物ならなんでもいいよってかわいいこと言ってくれてる♡

とりあえず二人でジュエリーショップに寄ってみると、大きな胸をアピールするような服を着た
店員さんがあれこれショーケースの上にペアリングを出して勧めてくるw
センスの欠片も無い俺があれこれ必死で選んでいる光景が彼女には面白かったみたいだが(←後日談)

ピンクゴールド?ナニソレ?ソンナンアルンダ?
サイズは7号くらいかな?足のサイズは知ってるんだけどなwなんて思いながら
彼女に付けてみると色白の彼女の肌色にすごく似合っていた♪
これに決めた!あ 待てよ!ペアの俺のリングは?俺のは別にどーでもいいけどw
黒のダイヤの入ったデザインリングだったけど付けて見せると彼女も気に入ってくれたしこれで決まり!
ほんとに彼女に相応しい物は多分高価で俺には買えなかったけど
すごく喜んでくれた顔が今でも忘れられない

指輪を付けてあげる時に将来のプロポーズしようと決めていた
子供のことが落ち着いたらNAOとのセカンドライフを真剣に考えている
残りの人生は彼女と一緒に過ごしたい

                                              masa












関連記事